WORK

『ホットケーキ』って英語? 外国人に通じる?【日本人が迷う英会話フレーズ】

更新日:

『ホットケーキ』はネイティブに通じる? 通じない?

例えば多くの女性が大好きな『ホットケーキ』。

日本でも『ホットケーキ』以外に『パンケーキ』という言い方もしますが、これってネイティブにも通じるのでしょうか?

答えは、

『パンケーキ』:Pancake 【〇】

『ホットケーキ』:Hotcake 【△】

まず、『パンケーキ』について。

これは日本語と同様に英語でも『パンケーキ(Pancake)』といいます。

<例>

This restaurant is famous for fluffy pancakes.

このお店はふわふわのパンケーキが有名です。

なので、『パンケーキ(Pancake)』に関してはネイティブにそのまま通じると思ってOK♡

ちなみに『Japanese Pancake(直訳:日本風パンケーキ)』というと『お好み焼き』のことを指したりします。

一方で、『ホットケーキ(Hotcake)』は△となります。

これは『パンケーキ(Pancake)』という表現が英語では主流であり、間違いではないものの、エリアによっては通じない場合があるためです。

正直なところ私自身も約5年アメリカで生活する中で、ネイティブが『ホットケーキ(Hotcake)』と使っているのを聞いたことはなく…。

なので、確実に伝わる! という意味で、英語では『パンケーキ(Pancake)』と表現することをおすすめします♡

他にもスイーツ関連でいくつかの表現をご紹介!

■『シュークリーム』:Cream puff

■『ショートケーキ』:Sponge cake

■『カステラ』:Japanese sponge cake

■『アイスクリーム』:Ice cream ※『アイスキャンディ』の場合は“Popsicle”となるので注意!

■『ガトーショコラ』:Chocolate cake

ぜひこの機会に覚えてみてくださいね♡

-WORK

Copyright© Bijour , 2020 AllRights Reserved.