“股割り”に出合ったことで、私の人生は変わりました。結論から先に言いますと、「赤ら顔には股割りが効果的である」ということです。私は、酒さという原因不明の治る確率の少ない病気でした。お酒を飲んだ時のように顔が真っ赤になるということから名付けられた酒さですが、私の赤ら顔は本当にひどく、人の視線が怖くなり、外出することが出来なくなってしまいました。ニキビや吹き出物のように思われがちですが、酒さの赤ら顔は治すことが本当に難しいのです。「運動をすると良い」、「食べ物に気をつけると良い」などと言われてはいますが、そもそも酒さは顔の毛細血管が拡張することによって赤くなるのです。運動したり食事をするだけで人間は血管が拡張してしまうので、もう「動かない」という方法でしか炎症の赤みを薄くする方法はないということです。
そんな辛く苦しい日々が続いたのですが、あるネットの記事に「股割りの効果」について記載されていたのをたまたま見ました。そこには、「お相撲の稽古でやる股割りはリンパの流れを良くする一番効果的な柔軟運動」と書かれていました。「リンパの流れが良くなることで、冷え性やむくみが治る」ということは、「酒さにも絶対効果がある!」と私は確信し、それから股割りについて研究し、毎日実践していきました。もちろん、酒さは簡単には良くなりません、しかし、私は諦めずに股割りを2年間続けました。そして今、酒さの赤ら顔を完全に治すことが出来たのです。
外に出れば私の顔をジロジロ見られて、見下されて、本当に辛い毎日でしたが、今の私は全くの別人です。むしろ、友人に「お肌すごく綺麗だよね」と最近は言われるほどになりました。
エステでレーザー治療をしたり、美肌に効果的な漢方を飲んでみたりもしましたが、やはり一番効果があり、今現在赤ら顔で悩んでいる方に一番実践してもらいたいのが、「股割り」です。
この記事を読んで、1人でも多くの人が股割りを始めて酒さを治すことが出来ればいいなと思っています。