ダイエットをするつもりで『グルテンフリー』をしたところ、長年患ってきた『酒さ』が治すことができたのです。これは大発見です。私と同じように酒さで悩んでいる方にとっては大ニュースだと思います。どうして酒さが『グルテンフリー』で治すことができたのかを調べてみました。まず、酒さについて簡単に説明すると、酒さとはお酒を飲んだ時のように顔が真っ赤に炎症を起こして治らない病気です。一度酒さが発症すると、治すことができない赤ら顔にずっと悩まされることになります。
そこで『グルテンフリー』です。グルテンフリーとは、グルテン(小麦などの穀物に含まれるタンパク質)を食べないという行為ですが、それにより、私は驚くほどに短期間で酒さの赤ら顔を治すことに成功しました。
実は、気付いていないだけで多くの人が『グルテンアレルギー』だといいます。他のアレルギーのようにあからさまに体に反応が出ない為に分からないままにグルテンを摂取している人が多いとのことです。
テニスのジョコビッチ選手もこのグルテンアレルギーだったみたいで、あらゆる小麦製品をカットすることで劇的に体の調子が良くなり、グランドスラムを制したといいます。
酒さを治すことが出来た私が思うに、酒さは『皮膚の病気』ではありません。内側に問題がある為に、それが炎症として顔に表れているだけなのです。
今回お伝えした私の『赤ら顔を治す方法』を見て、新しい角度から酒さを治療していく方法を知り、希望が湧いて勇気が出る方は多いと思います。地道な治療にはなるのですが、ひとつひとつの積み重ねで酒さの赤ら顔は必ず改善できます。頑張ってください。