真っ赤に炎症を起こしてしまった『酒さ』。医学的には、現時点で原因と治療方法が不明である『酒さ』。おそらく多くの方が酒さで悩み苦しんでいることかと思います。女性はいくつになっても「綺麗でいたい」と思うものです。それは普通のことです。それなのに、顔が真っ赤な赤ら顔であると、本当に涙が出そうなぐらいに落ち込んでしまいます。しかし、酒さが発症してしまった場合、普通に生活しているだけではさらに炎症が悪化していきます。酒さは「なんらかの治療対策」が必要なのです。
酒さにとっての一番の治療方法は、私は『情報収集』だと思っています。酒さは「治し方が無い」のではなく、「治し方がそれぞれ違う」のです。化粧品を変えて治る方もいれば、レーザー治療をして治す方もいます。ですので大事なことは、「いかに多くのことを試すか」です。多くのことを試して、その中から自分にあった治療方法を続けていくことしか酒さを完治する方法はないのです。
私もずっと酒さに悩んできましたので、酒さの苦しみは痛いほどに分かります。高熱が出ているかのように、私の顔は真っ赤でした。恥ずかしくて仕方がありませんでした。朝起きた瞬間から真っ赤な赤ら顔で、自分の鏡を見ながら涙を流した日もたくさんありました。
しかし、私は「諦める」という方法はとりませんでした。私は多くの酒さに関する情報を収集しました。「お肌に良い物を取り入れることで酒さは治る」、「生活習慣を正すことで酒さは改善する」など、皮膚科の先生よりも私は酒さの治療法について勉強したと思います。その結果、私は今ハッキリと「酒さを治すことができました」と胸を張って言えます。。
今、酒さに悩んでいる方に言いたいのは、「絶対に諦めないでほしい」ということです。
沢山情報収集をして、沢山のことを試してください。絶対に効果がある何かに出合えると思います。
追加情報としては、「酒さの情報収集」はSNSの活用が一番がありますよ。