「酒さを治すなんて奇跡ですよ!」皮膚科の先生にそう言われました。そうです、私は酒さを治すことができたのです。酒さは原因不明で改善方法がない病気です。ですので、酒さが発症した方は皆とても悩みます。私もすごく悩みました。色々な情報を集め、色々なことを試してみました。そしてやっと、酒さを治すことに成功したのです。皮膚科の先生はそれを「奇跡」だと言いましたが、私はそうは思いません。私は論理的に考えて酒さを治したのです。私が酒さを治した方法をお教えします。その方法はたったひとつ、『冷たい水で顔を洗う』ということです。『冷たい水』というのが大切になります。
冷たい水で顔を洗うことの目的は、「顔の毛細血管を収縮させる」ということです。酒さの赤ら顔は、毛細血管が拡張することによって起こります。その拡張をいかに抑えるかが問題なのです。人間、生きていれば少し動くだけで毛細血管は拡張してしまいます。「ストレス社会」と言われている現代は、常に忙しく生活をしていてほとんどの方が毛細血管を拡張し続けています。ですので、意図的に毛細血管の拡張を抑える必要があるのです。そこで一番効果的な方法が、「冷水で顔を洗う」という方法です。冷水で顔を洗うことで、顔全体の温度は一気に下がりますので、もちろん毛細血管は収縮します。それを定期的に行うことで、毛細血管の拡張と収縮のバランスが規則正しく整ってきて、だんだんと酒さの赤ら顔を治すことができるということなのです。水で顔を洗うぐらいでしたら自宅でも職場でも簡単に出来るので、この方法は本当にオススメです。
もちろん、「赤ら顔を治す方法」は、たった一つではありません。効果のあるなしも人それぞれではあります。ですが、酒さの赤ら顔は絶対に治せますので、色々と情報を集めて試してみるといいと思います。