これから酒さが発症する方は、大丈夫です。私のオススメする方法さえ知っていれば、原因不明の酒さも治すことができます。その方法とは、『プラセンタ』です。そもそも、酒さの赤ら顔は毛細血管の拡張から起こります。皆さん、表面上の赤い炎症ばかりに意識がいって塗り薬やレーザー治療などで治そうとしますが、正直、それは間違いです。全くの無駄とは言いませんが、その必要はないのです。「顔の内側の毛細血管の拡張をどう抑えるのか」を考えて、そこを中心に治療していけば、酒さは必ず治るのです。
プラセンタは酒さを確実に治します。酒さを治した複数の方に話を聞くと、そのほとんどの方がプラセンタを使っていました。私自身も、酒さの治し方を色々と模索していく中で、最終的にプラセンタに出合い、今では酒さを完治することが出来ています。
プラセンタについて簡単に説明します。プラセンタとは、「胎盤」のことです。胎盤は、妊娠中の女性がへその緒からお腹の中の胎児に栄養を送る為に上質な栄養成分が含まれている部分です。また、胎児の体に有害物が行かないように毒素の解毒も行ってくれます。そんな胎盤ことプラセンタを、酒さを治す方法として利用するのです。
プラセンタは注射や点滴によって体内に注入する方法が一番効果的だと言われていますが、注射や点滴などは効果がある分、お値段が高いです。少し効果は下がりますが、プラセンタはサプリメントなどでも摂取できますので、まずはサプリメントから試してみてもいいと思います。
プラセンタの若返り効果は、厚生労働省も認めています。私のオススメする酒さの治し方、プラセンタ。是非試してみてください。