顔のお肌が真っ赤に炎症を起こしてしまう病気、「酒さ」。毎朝鏡を見続けてきて、ある日「もう限界!」と自分の顔が大嫌いになってしまう。酒さは原因不明の病気である為、具体的な治し方は見つかっていません。おそらく、今現在酒さでお悩みの方のほとんどが、一日の大半をファンデーションやマスクで顔を隠して生活しているのではないでしょうか。とはいえ、ファンデーションは上手くのらない日もありますし、職場ではマスクは外さなければいけないし…。本当に酒さを治す方法はないのでしょうか。多くの個人が発信している情報を集めてみたところ、「酒さを治した!」という方が多く見受けられました。そんな方々の行ってきた「酒さの治し方」についての情報の中で、一番多く言われている方法、それは「プラセンタ」でした。プラセンタで酒さが治るというのです。治した方によっては、「4ヶ月で治った!」と言っている方もいらっしゃいました。そもそもプラセンタとは、妊娠している女性が「へその緒」を通じてお腹の中の赤ちゃんに栄養を送るための「胎盤」のことです。そこには、赤ちゃんを発育する為に多くの上質な成分が含まれており、有害物の解毒なども行ってくれるのです。そんなプラセンタを、美容や健康に、そして「酒さの改善」に利用するのです。
プラセンタはサプリメントなどで補給する方法や、注射や点滴によって注入する方法などがあります。また、プラセンタには、人のプラセンタだけではなく、「豚」、「馬」、「羊」など様々な種類があり、その濃度によってお値段などは変わってきます。質の良いプラセンタは、やはりとても効果がありますが、その分金額は跳ね上がります。とはいえ、プラセンタを飲むことが酒さの一番の治し方だとするならば、すこし無理をしても試してみる価値はあると思います。また、プラセンタの美肌効果は「厚生労働省」からも認められているということも、安心して使用できる点であります。
現在、酒さに悩んでいる方の中で「色々試したけど、もう治し方が分からなくなった…」と落ち込んでいる方は、諦める前に「プラセンタ」をお試しください。