本当は誰にも教えたくなかったのですが、私はもう「完全に治った」ので独り占めせずに今、以前の私と同じように『酒さ』に悩んでいる方の為に、『私だけがやっている酒さの治し方』を情報共有したいと思います。知らない方の為に説明しますと、『酒さ』というのはお肌の赤ら顔が治らない病気です。真っ赤に炎症を起こしているので、すごく目立ちます。「それって変な病気?」、「それってアトピー?」…そんな風に見られます。何が原因なのか、治し方は何なのかが酒さは全く分からないので、すごく辛い病気なのです。私も、何度となく「治し方がないなんて…もう無理かもしれない」と途中で諦めそうになりました。マスクやファンデーションで顔を隠しながら生活していくという方法もありますが、それにも限界はあります。やはり…治したいのです。
そんな時、ネットなどで個人が発信している情報を見ていると、「酒さの治し方!」というものがありました。その情報曰く、酒さは完治することができるというのです。その「酒さの治し方」というのが、「プラセンタ」でした。ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、プラセンタは「胎盤」から有機成分を抽出したものです。胎盤はお母さんが赤ちゃんを体内で育てる臓器なので、胎児の発育に欠かせない栄養素がたっぷりと含まれて、細胞の新陳代謝を正常化する作用があるのです。
プラセンタは様々な方法で摂取することが出来ますが、週に2回程度、顔の皮膚に直接注射することが酒さの改善には一番効果的です。
私が酒さを治すことに成功したのは、間違いなくプラセンタのおかげです。「もうダメかもしれない…」と酒さの治療を諦めかけている方は、是非、諦める前にプラセンタをお試しください。