子供に言われてガッカリ「赤ら顔」の真相

参観日に参加した彼女が子供達から言われたこと。

「お母さん、顔が赤いよ!」

自分の顔を見て、ガッカリ。
この赤ら顔、今すぐになんとかしたい。
そんな経験はありませんか。最近紫外線対策をサボっていたから、、、
顔が真っ赤になってしまい、これでは会社に行けない、どうしよう。

病院に行くのか、とりあえず薬局に行くのか。
とりあえず、今すぐできる対処法を知りたい。

まずは皮膚科へ行って受診することをおすすめします。
自分の判断で適当な薬をつけたら、
あら、大変!
もっとひどいことになってしまった!
と、なりかねませんね。
専門家に見て頂き、正しい改善方法を教えて頂きましょう。
症状改善に向けての近道は、
やはり病院を受診することではないでしょうか。

そもそも、皮膚トラブルの原因はいったい何でしょう?
化粧品によるかぶれや、紫外線、体質、体調的なこともありますよね。
その時、そのとき原因は様々です。
自分の今のお肌の悲鳴に、じっくりと耳を傾けてみましょう。

最近不規則な生活はしていませんか?
紫外線を長い時間浴びていませんでしたか?
最近新しく発売されたお化粧品をし始めましたか?

色々と思い当たる点はありますか。
いったい、自分の「赤ら顔」の原因は、なんなのでしょうか。

そのあたりをじっくりとと思い出してみると、
ちょうどの対応策が見つかることでしょう。
症状が気になったら、早めにかかりつけの
頼れる専門家に指示を仰ぎましょう。
すぐには改善できない「赤ら顔」にならないために、
紫外線対策をきっちりとして、たっぷりと睡眠をとって、
次の日を迎えたいですね。

紫外線情報は気象庁のページで確認することができます。
「赤ら顔」になって泣く前に、チェックしてから出かけましょう。