“酒さ”を治す唯一の方法、それは“瞑想”です。現在、医学的に“原因不明”とされている酒さですが、ネットなどで個人が発信している情報の中には、「酒さの赤ら顔が治った!」という情報は多数あります。まず、酒さは顔の毛細血管が拡張し続けることにより、顔が真っ赤に炎症を起こした赤ら顔になるという病気です。30代以降に突然発症することが多い酒さは、「諦めるしかない病気」と言っている人もいます。そんな中、「治った!」という情報の中で最も多かった“酒さの赤ら顔を治した方法”こそが、“瞑想”だったのです。
現在、瞑想はグーグルのような巨大企業でもSIY(Search Inside Yourself)という瞑想の研修があったりするぐらいに、その効果が実証されています。
瞑想というと、「なんだか怪しい」、「胡散臭い」というイメージがあるかもしれませんが、簡単に言うと「リラックスする」ということです。酒さの赤ら顔について、現在、多くの原因が言われていますが、最も根本的な原因として“ストレス”があります。
一時的なストレスは人間が生きていく上で時に大事な要素ではありますが、現代社会のように「ずっと緊張している状態」は自律神経のバランスを崩して、様々な問題を引き起こします。そのひとつが、“酒さ”なのです。要するに、「ストレスを減らす」ということが「酒さの赤ら顔を改善する」ことに繋がるのです。
そんな“瞑想”の方法をお伝えします。
①椅子に深く座り、全身の力を抜きます。
②目を閉じて、何も考えないようにします。
③お腹を意識して、5秒でゆっくりと息を吸います。
④すべて出し切る感覚で、10秒かけてゆっくり息を吐きます。
⑤それをを20分ほど繰り返します。
以上が“瞑想”の方法です。実際にやってみると分かると思いますが、終わった後はすごくすっきりとリラックスした気持ちになれます。
なかなか治らない酒さという病気に悩まされている方は多いと思いますが、まずは根本的な原因である“ストレス”を軽減することが、酒さを治す一番の方法であります。