現在、「酒さ」でお悩みの方に、是非とも伝えたい「酒さを完治できる方法」があります。これは本当の話です。2年間酒さの赤ら顔に悩み続けた私が、実際に試して完治した方法だからです。ご存知でない方の為に、まずは簡単に「酒さ」を説明します。酒さは、まるでお酒を飲んだように顔が真っ赤に炎症を起こすことが由来にもなっている、未だに原因不明の病気です。多くの方が、現在もこの原因不明の赤ら顔に落ち込み悩みながら治療をされていると思います。酒さでない方には分からないかもしれませんが、酒さの赤ら顔は本当に「自分の顔が大嫌い」になります。鏡を見る度にガッカリしてしまいます。メイクでは隠し切れないほど真っ赤に炎症した赤ら顔について、酒さで苦しんでいる方はみなさん共感できると思います。
思春期のニキビのように「時間が解決してくれる」ということなら、その時間をジッと耐えられると思います。しかし、酒さの赤ら顔は、待っているだけでは絶対に治りません。私自身、本当に色々なことを試してきました。多くのクリニックにも行きました。多くの漢方も服用してみました。しかし結局、私が酒さの赤ら顔を治した「酒さを完治できる方法」は。「丹田呼吸」でした。もちろん、丹田呼吸をしていればその他は何もしなくてもいいということではないのですが、丹田呼吸は私自身の実体験として本当に効果がありました。
丹田とは、おへその下辺りの部分をいいます。その部分を意識して呼吸をすることを丹田呼吸といいます。丹田に向かって大きく息を吸い込んで、ゆっくり時間をかけて吐き出していく行為を何度も繰り返します。丹田呼吸を毎日続けることで、自律神経のバランスはすごく整います。それにより、ストレスも大きく軽減されます。酒さの赤ら顔の原因の多くは「ストレス」と言われています。ですので、自律神経の働きを整えるということが、赤ら顔を改善する最も効果的な方法なのです。今から振り返ってみると、私の赤ら顔がひどかった頃は、毎日とても忙しく、多くのストレスを抱えていました。
今現在、酒さの赤ら顔で悩んでいる方には、丹田呼吸が本当にオススメです。