お酒も日焼けもしてないし、他に顔が赤くなるようなことは何もしてないのに顔が真っ赤になってしまう!なんて方がいらっしゃると思います。それはもしかしたら酒さ(しゅさ)かもしれません。酒さは皮膚の病気の一種で、一般にはあまり知られておらず、正しい処置の仕方も同様に一般にはあまり知られていません。
今回はそんな酒さについてまとめました。

酒さって何?

まず最初に、酒さとはいったいどのようなものかを紹介いたします。あまり聞かない名前ですが、酒さとは、皮膚がお酒を飲んだり、日焼けをした時の様に赤くなる皮膚炎のような症状を引き起こします。赤くなる部位は人によって様々ですが、主に

  • 眉間

の三個所。お酒を飲んだ時のように赤くなることから酒さと名付けられたようです。
30代から60代の方に多く見られますが、日本人に発症することは少なく、お医者さんの診察を受けても酒さであると診断されづらいことが、日本における酒さの知名度の低さにつながっているといわれています。

原因は何?

酒さの原因ですが、実は今のところよくわかっていません。何が原因で引き起こされるのかは不明ですが、30代から60代の方がよく発症されるという点から、何らかの年齢的な原因があるのかもしれませんね。

おもな症状

このように謎の多い酒さですが、さらに厄介なのは症状が皮膚が赤くなるだけではないところです。酒さには段階があり、皮膚炎はほんの初期段階に過ぎません!
酒さが進行するとニキビのようなできものが出来たり、膿が皮膚にたまって化膿してしまう場合もあります。最終段階では鼻瘤(はなこぶ)という症状を引き起こし、読んで字のごとく鼻に瘤が出来てしまいます。

予防法

謎の多い酒さですが、酒さは予防することができます!最近の研究によって酒さを引き起こす原因が特定されつつあるようです。主な原因としては、

・刺激のある飲食物

ハバネロや一味唐辛子など、辛い物は食べると
体温が上がるので、酒さの症状を悪化させると考えられています。

・直射日光

酒さの症状がある方は直射日光にさらされるとかゆみを覚えることがあります。
日焼け止めや帽子などで対処しましょう。

・強いストレス

酒さのせいで人前に出ることが恥ずかしかったり、かゆみなどのせいで
ストレスを生じ、そのストレスが酒さの症状を加速させるようです。

・お酒

お酒の中でも、特に赤ワインが危険性が高いとされています。どうしても飲まなければ
いけない場合は、少量にとどめたり、合間に水を飲むとよいそうです。

・激しい運動

運動による体温の上昇は、酒さの症状を悪化させると考えられています。
気温の低い時間帯に運動するか、濡れタオルなどで定期的に冷やすとよいでしょう。

上記の通り、全体的に体温を上げることが酒さを引き起こす原因である可能性が高いとされています。自分が酒さかもしれない!という方はこれらを避けて生活することが望ましいです。化粧水で肌をケアするのも効果的なようです。

治療法

この酒さの症状は慢性的なもので、完治がし辛いという点も厄介な点の一つです。
とはいっても治療法がないわけではありませんのでご安心ください。上記のような症状に身に覚えがある方は、皮膚科での治療を受けることができます。
現在酒さの主な治療法は、抗生物質や抗菌薬などの薬物治療、レーザー治療が一般的です。
酒さは放っておくとドンドン症状が進行していく病気なので、早めの治療を受けることをお勧めします。

最後に

酒さの症状や対処法についてまとめましたが、参考になったでしょうか?酒さは知名度が低く、そのまま放っておかれて悪化しがちです。この記事を読んで自分が酒さかもしれない!と思った方は、すぐに最寄りの皮膚科を受診し、治療を受けることをお勧めします。