生きていれば様々な問題が起こりますが、その問題が『原因不明』だと本当に悩み苦しみ落ち込んでしまうものです。私が悩んできたのは『酒さ』という原因、対策が不明のお肌の病気です。『酒さ』とは、簡単に言いますと『赤ら顔』のことです。あまり知られている病気ではないので、私自身、自分がその病気になってみて初めて知った名前ではあります。一般的に『赤ら顔』というと、人前に出て緊張したり、お酒を飲んだりした時に一時的にポーっと赤くなってしまうようなイメージかと思いますが、酒さというのはその赤ら顔がずっと続くのです。ネットなどで『赤ら顔を治す方法』と検索すれば分かると思いますが、酒さは本当に原因不明で治りづらい病気なのです。赤ら顔がひどかった時は、外に出るのも、人と話をするのも憂鬱で、常にネガティブな気持ちでした。

今現在、私の酒さはすごく良くなってきているのですが、改善するまでの道のりは、本当に長いものでした。『赤ら顔を治す方法』というキーワードで多くの情報を集め、時間とお金をかけて、本当に色々なことを試してみました。そして分かった『赤ら顔を改善する方法』。それは実は、時間もお金もほとんどかからない方法でした。今はハッキリと言うことができます。それは、『猫背をやめること』です。『赤ら顔を治す方法』と『猫背をやめること』、その2つはまったく関係ないことのように思われるかもしれませんが、実は『身体のバランスを整える』、明確には『姿勢を良くすること』が、私の赤ら顔を治す方法だったのです。そもそも、酒さによる赤ら顔は『毛細血管の拡張』によって起こります。よって、普通の運動(ランニングやトレーニングなど)は、実は逆効果になるのです。そこで、私が行った『赤ら顔を治す方法』。それは、『バランスボール』です。方法は単純で、バランスボールを椅子にして座り、そこで10分~15分間バランスを取るだけです。ただそれだけで、下半身に高い運動効果があります。バランスボールでのエクササイズは、インナーマッスルが鍛えられて骨盤の歪みが解消される為、姿勢がとても良くなります。『姿勢が良い』という状態は骨盤内の血行が良い状態ですので、酒さにとって本当に丁度いい運動がバランスボールを使ったエクササイズなのです。バランス運動の効果については、厚生労働省の「e-ヘルスネット」にも記載されております。

姿勢を正すということは、精神的にも前向きで落ち着いた状態になれますし、ダイエット効果もあります。まずは赤ら顔を治す方法として試してみて、最終的にはお肌も身体も心も綺麗になりましょう。