普通の人は、「目が大きい人」、「顔が小さい人」、「鼻が高い人」などを見て、「いいなぁ」とか「私もああなりたいなぁ」などと言っているのかもしれませんが、私にとっては、そんな普通の人の普通の顔が本当にうらやましいと思っていました。『酒さ』という病気があります。『しゅさ』と読むのですが、その症状は、お酒を飲んでいるような赤ら顔がずっと改善されないというものです。以前の私は、顔の『大きさ』や『形』にこだわる以前に、真っ赤に炎症を起こした顔の『色』に、悩み続けてきました。当時の私は、赤ら顔が原因で心を閉ざしてしまい、うつ病のように部屋に閉じこもる生活を送っていました。
ある時、たまたま見たネットにあった『赤ら顔を治す唯一の方法』という記事に出合ったことで、私の顔色は、いや私の人生は大きく変わったのです。その『赤ら顔を治す唯一の方法』というものは、『ストレッチ』です。おそらく誰もが知っているそのストレッチこそが、赤ら顔を治す一番効果的な方法だったのです。
ストレッチは、固まった筋肉をほぐし、体を柔らかくしてくれます。それにより血液の循環が促進されるという効果があります。とはいえ、おそらく多くの酒さで悩まれている方は疑問に思われているかもしれませんが、「血液の循環を良くすること」は、赤ら顔の炎症を悪化させることではないのです。もちろん、血流が良くなることで一時的に赤くはなってしまうのですが、それは「血液の循環のバランスを整える」ということであり、ストレッチをした翌日は、目に見えて顔の炎症が薄くなっているのが分かります。
また、長年ストレッチを続けてきた私からひとつアドバイスをすると、「呼吸を意識したストレッチ」が効果的です。息を吐きながら筋肉を伸ばすことで、筋肉がほぐれていくのを感じることができると思います。
酒さについては、現在多くの方が悩んでいると思います。本当に辛い毎日を送っていることかと思います。しかし、「酒さ」は治すことができる病気です。私が身を持って証明しました。私の書いたこの情報が誰かの目に止まり、その方の酒さを完治する手助けになれたらと思っております。